オーストラリアに観光、または移住を計画中ですか?

当ブログはオーストラリア移住者の私が、おすすめオーストラリアの旅行情報を紹介しています。(詳細はこちら

オーストラリア移住に興味がある方はこちらからどうぞ。

サイトの一番上と下にあるカテゴリーから知りたい情報を簡単に探す、検索ができます。

海外旅行でボッタクリや詐欺に遭わないために対策してる?私はインドネシアのバリ島で騙されました!

スポンサーリンク
オーストラリア基本生活情報

crime

海外旅行中にボッタクリタクシーや詐欺まがいのローカルエージェントに遭遇した経験はありますか?

私はパッケージツアーがどうも苦手で一人旅や少人数の旅行ばかりしてきたためか、何度も経験があります。

でも、懲りずに旅行しているとボッタクリを避ける対策ができてきました。私の経験を踏まえて説明していくので、参考にしてもらえると嬉しいです。

では、いってみましょう。

[adsense]

ローカルエージェントに詐欺られた話

私が始めた詐欺られたのは、大学を卒業を記念して同級生と一緒に、インドネシアのバリ島に男だけで初めて旅行に行ってきました。

パッケージツアーやホテルなども全く予約しないで、現地について全部決めるっていう無計画丸出しの旅行でした。

まあでも、男が3人も居ればいざという時はなんとかなるだろうって思ってましたし、実際、現地についてからも(多少ぼられていたんでしょうが)なんとかホテルも自力で見つけられました。

だんだん都市にも飽きてきたので、ホテルの人にお薦めのアクティビティを聞いてみたところ、バリ島で一番高い山、アグン山に登ろうという話になりました。

ちなみに、この後ろにそびえ立っているのがアグン山です。

mount-agung

現地でローカルのエージェントを手配し、先導するための費用を前払いし実際に山登りを始めました。

頂上に到着し日の出を楽しんでいたら、エージェントが、「こっから下まで先導してほしいならまたお金を払え」と言うんです。こっちは前払いした時に何度もこれで全額だと確認したはずなのに。

あんまり腹が立ったので、「絶対払わない!」と拙い英語で伝えると、その男はすごい勢いで山を下って行きました。。。

私たちもなんとかその後を必死に追いましたが、慣れていないため友人が足を捻挫してしまい、そいつを担ぎながら下山するというなんとも過酷な旅になってしまいました。。。

 

ボッタクリローカルエージェントを避けるための対策!!

一番の対策は、こういうローカルのエージェントを避けるのがベストです。そしてオンラインの有名なサイト(例えば下記)でツアーを予約することをお薦めします。

パッケージツアーと違って、飛行機代やホテル代などは含まれていないので、自分で好きなホテルや飛行機を選択できます。

そして、何よりこういうサイトは評判が命なので、下手なサービスをする旅行会社は口コミで自然とリストから除外されていきますので、載っているツアーはどれも選ばれたものばかりです。ちなみに、私もツアーを予約するときは必ずここを使っています。一番口コミが多くて信用できるからです。

ぜひ、バリ島に行かない方もこのサイトからアクセスしてみてください。検索の仕方は、

1、まず下のリンクにアクセス。

世界最大の旅行サイト:トリップアドバイザー

2、行きたい場所を検索。

Screen Shot 2016-04-02 at 5.11.59 PM

3,最後に「観光」を選択するとアクティビティがリストアップされます。

Screen Shot 2016-04-02 at 5.12.12 PM

 

タクシーでも騙された!

これはバリ島では無いんですが、私がアメリカのテキサスに仕事で行ったときも騙されました。少し田舎の場所だったため、ホテルでタクシーを呼んでもらったのですが、

タクシーに乗車して行き先を言ってから10分ぐらいしてメーターのディスプレイに電気がついてないことに気づきました。

で、タクシーの運転手に聞いてみると、故障していて今は使えないと言われました。目的地には何度もホテルから行っていたし、だいたいの金額はわかっていたのでまあ、怪しいなとは思っていたのですが案の定降りるときにいつもの倍ぐらいの金額を請求されました。

この時も、絶対に払わない!と15分ぐらい言い合いを続けて、面倒になったのでお互いの金額の仲値だけを払うということになりました。。

今考えてみると、メーターが動いていない時点ですぐに他のタクシーを呼べば良かったんですが、もう乗っていたというのもあるし、田舎なのですぐに他のタクシーが見つからないかもしれないと思い、結局最後まで聞かなかったのが間違いでした。

 

Uberはボッタクリタクシー防止になる!

今は便利な時代になって、Uberがあります。携帯から呼べるタクシーみたいなものなんですが、要はさっきの大手旅行サイトと一緒で、ドライバーに対して評価をつけられます。

なので、ボッタクリタクシーは自然と除外されていくというわけです。それにUberは車を呼ぶ前におよその金額が出ますし、ドライバーとはお金をやり取りしないため、そういうごたごたが少なくてすみます。

アメリカではチップ社会なので、すごいチップを要求されますがそういう煩わしさがないのもUberのいいところです。以前もUberについての記事を書いたので参照してください。このサイトから登録すると20ドルのクーポンがつきます!

オーストラリアのUBERが超便利!割引クーポン・空港での利用の仕方まとめ
オーストラリアでタクシーはもちろん使えますが、UBER(ウーバー)の方がもっと便利。 タクシーよりもかなり安いし、UBERのアプリが超便利。 在住者はもちろん、旅行者やワーホリの方にとってもアプリさえダウンロードしておけばすぐに...

 

まとめ

どうでしたでしょうか?日本ではありえないようなボッタクリに遭遇することは海外では結構あります。アメリカは先進国だから大丈夫だと思っていましたが、貧富の差が激しくて、ドライバーのレベルは日本と比べて低く感じました。

なので、どこに行くにしろ、しっかり計画を立てて、事前に予約、またネット環境を用意しておくべきです。

ちなみに私がお薦めする海外でも使えるPocket WiFiはこちらです。他のと比較しても安いです。

海外WiFiならエクスモバイル海外WiFiならエクスモバイル

ちなみに私はまだオーストラリアでボッタクリに遭ったためしがまだありません。治安が良い証拠ですね。質問などありましたら、Twitter, Facebookもしくはこのブログにコメントを残してくださいね。出来る限り回答していきます。

では!

コメント