旅行に必要な持ち物 無駄なくお金を持ち込む

オーストラリア旅行、留学におすすめクレジットカードまとめ。海外出発前にVISAとマスターカードは必ず作っておこう!

更新日:

僕はオーストラリア留学するまで「クレジットカード = 借金」と思っていて、クレカ利用を避けてきました。

しかし、海外生活をしていると、オーストラリアドルに両替するよりクレカ支払いの方がお得だと気づいたり、(詳細はこの記事

また、海外旅行保険をクレジットカードで無料で利用できるということも学びました。(詳細はこの記事

旅行者はクレジットカードを持っておかないと損です。

というわけで、今日はオーストラリア旅行、留学に使えるカードを厳選して紹介していきます。

ではいってみましょう!

スポンサーリンク

クレジットカード選びの注意点

実際におすすめのクレジットカードを紹介する前に、カードを選ぶ時の基準を確認しましょう。

クレジットカードはたくさんあり、機能も様々。オーストラリア旅行者、留学生が必要とする機能を持つカードを選ぶことが重要です。

 

VISA、マスター、JCBのカードを作っておく

オーストラリアではAmerican Express(AMEX)を利用すると他社に比べて手数料が高めに設定されていることが多く、オススメしません。

JCBは、最近、かなり使えるお店が増えてきたという感じですが、やはり、一番普及しているカードはVISAかマスター。

JCB、VISAかマスターのうち複数のカードを持っておくとどのお店でもカードが使えるはずです。

 

現地サポートデスクがあるカードを選ぶ

カードの中には、主要都市のど真ん中にサポートデスクがあり、年中無休で対応してくれます。

緊急時のサポートから始まり、ホテル、チケット、ツアーなどの予約、旅行中の相談などいろんなことに対応してくれます。海外旅行、留学中は不安になることが多いので、こういうサービスを利用しない手は無いです。

 

長期滞在者は自動、利用付帯両方のクレカを持っておこう

クレジットカードには海外旅行保険が無料で利用できるカードがあります。そして、その中でも海外旅行保険付帯のクレジットカードは2種類。自動付帯と利用付帯です。

自動付帯は海外に出発した時点で自動的に適用される保険で、利用付帯は海外でカードを利用した時点で適用される保険。

自動付帯の旅行保険は出発から3ヶ月で切れてしまいます。

しかし、利用付帯のカードを、自動付帯の保険が切れた3ヶ月後に利用すれば、保険期間を3ヶ月延長することができます。

つまり、自動、利用付帯両方のカードを持っておくと、長期滞在中も保険対象になり、安心して海外旅行できます。

 

シドニー、メルボルンに日本語サポートデスクがある、三井住友VISAカード

初めてクレジットカードを作るならまずこれ。大手三井住友グループが提供する三井住友VISAクラシックカード

クラシックとクラシックAの2つのタイプがあり、クラシックだと最高2000万、Aだと2500万円の海外・国内旅行傷害保険がついてきます。

また、VJデスクというサポートデスクがシドニー、メルボルンの中心部にあり、日本語で気軽に質問できます。もちろん、電話でもOK。

観光に関する相談から、レストラン、ツアー、レンタカー、チケット、ガイドなどの予約・手配、また、緊急時のサポートまでしてくれます。

学生は三井住友VISAデビュープラスカードがオススメ。学生でも申請が簡単に降りるし、ポイントが2倍になります。

デビュープラスカード以外は、2年目以降年会費がありますが、年1回の利用だけで年会費が無料となるので実質無料。

年会費 デピュープラスカードは無料。クラシックは2年目以降から1250円、Aは1500円。ただし、年1回利用すると無料!
ブランド VISA
付帯条件 クラシックは利用付帯、Aは自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,500万円
治療費用 50万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円

 

家族で旅行するならマスターが選べるUCSカード

家族がいるなら、全員分の海外旅行保険がつけられるUCSカードがお得。

普通クレジットカード付帯の海外旅行保険は名義人本人のみ対象ですが、UCSカードが提供する「旅とくプラス」に加入すると、家族全員分の旅行保険がカバーされます。

カードを持てない幼い子供がいる家族には必須のカードです。

また、カードを利用するごとにポイントが貯まり、そのポイントをJALマイルに交換できたり、サンクスなどで利用できます。

今ならこのリンクから入会すると、2000円分のポイントがもらえる特典つき。

年会費 永年無料
ブランド VISA、JCB、マスター
付帯条件 UCS旅とくプラス、年1080円で家族全員分の旅行保険をカバー!国内は利用、海外は自動付帯
死亡・後遺障害 1000万円
治療費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円

 

ポイント還元率にこだわるならリクルートカード

日本でも海外でもどこで使っても1.2%と高いポイントがつく還元率が異常に高いのがリクルートカード

このカードがすごいところは電気代、スイカ(電車代)など普段の支払いでもリクルートカードを使う限り、ポイントがどんどん貯まっていきます。

しかも、大手旅行代理店じゃらんを利用すると3.2%ものポイントが加算されます。

貯まったポイントはポンタポイントに交換し、ローソン、高島屋、KFCなど有名店で使えます。

このリンクから入会すると6000円分のポイントがもらえるキャンペーン中。

年会費 永年無料
ブランド Visa, JCB
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
治療費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円

 

まとめ

今回の記事では、ぼくが海外生活および幾度にもわたる海外旅行の経験からおすすめのクレジットカードを選びました。

現金支払いにこだわっている人はもちろん、なんとなく昔から使っているカードを見直して、今日紹介したカードと比較、検討してみてください。

きっと、もっとお得に旅行できる助けになるはずです!

では!

-旅行に必要な持ち物, 無駄なくお金を持ち込む
-, , , , , , , , ,

Copyright© オーストラリアに移住したパパのブログ , 2017 All Rights Reserved.