オーストラリア基本生活情報 旅行に必要な持ち物

オーストラリアの冬に適した服装と雨対策について。気温は何度ぐらい?

更新日:

旅行直前にどんな服を持っていくか悩みますよね。

オーストラリアにも冬があり、この時期に旅行するなら、短パン、半袖では十分とは言えません。

今日は、日本、オーストラリアの3大都市とその平均気温を比較しながら、どんな服装が最適なのか、また雨対策についても考えていこうと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアの冬は案外寒い!?平均気温を比較してみる

オーストラリアの冬は6月から9月ごろ。都市によって気温差はありますが、大体、10度前後がオーストラリアの冬の平均気温と言っていいでしょう。

逆に日本の冬は12月から2月ごろで、赤道に近い福岡でも最低気温は4度まで下がり、札幌だと-7度と、オーストラリアに比べて寒いです。

都市別の、平均気温は、以下の表を見てください。オレンジ色が夏、青が冬の平均気温になります。

オーストラリアの冬は日本に比べ暖かく過ごしやすいのは間違いないのですが、決して半袖、半パンで過ごせるほどではありません!

僕はオーストラリアのシドニー住んでいて、冬は何度も経験してきました。

昼間はポカポカしていたのに、急に冷え込むことがよくあり、薄手で出かけると、風邪を引くことがよくあります。

なので、薄着だけで旅行するのは絶対に避けてくださいね。また搭乗中は機内の温度が下がるので、地肌を露出している服を着ていると、体調を壊す原因になることも。

 

オーストラリアの冬はどんな服を持っていくのが良い?

さて、オーストラリアの冬にはどんな服装が適しているんでしょうか?

シドニーの冬は平均気温の表から見ても、大体、東京の春(4月頃)と同じくらい。肌寒いと感じるぐらいでしょうか。

東京の冬のようにゴワゴワのダウンを着る必要はないはずですが、厚手のジャケットは夜になると重宝します。

ウルトラライトダウンが便利

普通のダウンだとモコモコするし、脱いだ時に邪魔になる。。なので、オーストラリアを旅するには、ウルトラライトダウンが最適です。

ウルトラライトダウンと言えば、ユニクロのダウンを想像する人も多いかもしれませんが、数ヶ月すると、羽毛が飛び出てくるので長く使うには向いないと思います。

パタゴニアのウルトラライトダウンは品質の良い羽毛を使っているので、驚くほど軽く、しかも耐久性が全然違う。長く使いたいならこっちの方が買いです。

オーストラリアの雨対策

オーストラリアは日本に比べて雨が降らないので、傘を使う機会は少ないです。

降る時は一気にザッーと降って、1時間ぐらいしたら止むことがほとんど。なので、大抵は、雨宿りしておけばすぐ止みます。

なのでそこまでしっかりした傘は必要ないはずですが、旅行中は移動する機会が多いので、小さくて軽量の折りたたみが傘を持っておくと、いざという時、便利。

サイベナはアマゾンでもベストセラーなだけあって頑丈なのに軽く、使い勝手が良いと評判。

まとめ

最後に、出発直前に、天気をチェックしておきましょう。

どうしても寒い時は、インナーを何枚も持っていって、ウルトラライトダウンの下に着ればうまく体温調整できるはずです。

また、オーストラリアに旅行する時期によって航空券代が大きく変わってくるので、最安値をスカイスキャナーでチェックしておくのがベスト。日程を少しずらすだけでかなり値段に違いが出ることも。

滞在中に風邪を引かないためにも、雨対策、防寒具の準備を忘れないようにしてくださいね。

では!

-オーストラリア基本生活情報, 旅行に必要な持ち物
-, , , , , ,

Copyright© オーストラリアに移住したパパのブログ , 2017 All Rights Reserved.