オーストラリアに観光、または移住を計画中ですか?

当ブログはオーストラリア移住者の私が、おすすめオーストラリアの旅行情報を紹介しています。(詳細はこちら

オーストラリア移住に興味がある方はこちらからどうぞ。

サイトの一番上と下にあるカテゴリーから知りたい情報を簡単に探す、検索ができます。

英語に投資した私が教える語学学校の選び方。シドニーでおすすめの留学先を紹介します

スポンサーリンク
オーストラリア留学・ワーホリ

器用じゃない私は英語に相当な金額を投資してきました。

日本ではNOVAで駅前留学を経験し、ワーホリでは最初の3ヶ月を英語学校(General English)に通い、その後、永住権申請のためにシドニーにあるIELTS専門の学校に通いました。

他にも教材、家庭教師、英語試験費用等を含めるとちょっと想像したくないぐらいの金額になると思います。

その甲斐あってなんとかオーストラリアで働いていますが、中には今思うと無駄だったなとかコスパ悪かったなと思うものが多くあります。

今日はそんな体験を振り返りながら、語学学校の選び方について考えてみました。これから真剣に英語を勉強しようと思う人に必ず役に立つはずです。

[adsense]

日本の語学学校はコスパが悪い

私が英語を勉強する上で重視しているのがコスパ

どんなに素晴らしい先生でも教えてもらえる時間が短いなら意味がないです。英語は長距離マラソンみたいなものですから、安く長時間勉強できる環境を整えることが重要です。

以前、日本で駅前留学NOVAを利用しましたが、コスパ最悪でした。まず、入会すると高い教科書を買わされるし、先生の質がいまいちだからです。

特に駅前留学で働く先生はアルバイト感覚の人が多いです。もちろんしっかりとした人もいますが、そういう人は大体自分で教室を持ったり、大きな学校で教員として働いています。

私には、オンライン英会話が一番、費用対効果が高かったと思います。

フィリピン人の先生が多いですが、発音もしっかりしているし、熱心に教えてくれる先生もたくさんいました。中にはやる気のない人もいないことはないですが、安いので気になりません。

私が利用したのが、ネイティブキャンプです。月5千円で、24時間無制限、英会話できます。

 

現地で英語の語学学校に行くべき理由

留学、ワーホリで現地に到着したら最初の3ヶ月は語学学校に通うべきだと僕は思います。

理由はいくつかあるんですが、まず海外に来てまで勉強しようという人は真剣な人ばかり。そんな人たちが周りにいるだけで、「自分も勉強しないと」と思うはずです。

みんな「外国」に出てきたばかりでサバイバルしないといけないので、英語で日常生活について相談するうちに、友達は自然にできます。

また、日本の学校と比べて先生の質が高いです。私がシドニーで語学学校に通った時の先生は、大学で教育学部を専攻した人でした。そうでない先生もいますが、教育熱心な人が多いです。

日本で良い先生を探すよりも高い確率で良い先生、クラスメイトに出会えるので、語学留学はコスパが良いです。

 

おすすめシドニー英語語学学校

friend_lunch-resized

私が今住んでいるシドニーにはたくさんの語学学校があります。その中で良いなと思う学校をいくつか紹介します。

 

海外に慣れていない人には

海外に行くのが不安な人、まだ慣れていない人やワーホリ初挑戦の人は、EF(Education First)がおすすめ。

支店が日本とシドニーにあり、両方からのサポートが受けられます。

送迎、銀行口座開設、携帯契約、宿泊先など海外生活に関わるすべてのことを手配、サポートしてくれるので、安心です。出発前からスカイプで質問もできます。

コース終了後も、CV添削、面接の練習、ワークショップなどアルバイトや仕事を探す手伝いをしてくれます。

オーストラリアの専門学校、TAFE

オーストラリア政府が運営している専門学校をTAFEと呼ぶんですが、ここでも英語を学べます。

ここが私が通っていた語学学校です。建物自体は古いんですが、しっかりした先生が多かったです

政府が運営しているので信頼度が高く、他校に比べて授業料が安かったと思います。

試験勉強を始めるなら

IELTSやケンブリッジ試験を受けることが決まっているという人は、グリニッジ(グリニッジカレッジ)が人気です。IELTS、ケンブリッジ試験対策のコースが充実しています。

僕もいくつか試験対策の学校を通いましたが、正直、学校に行くよりも自分で参考書を解いた方が何倍もためになりました。なので、すべての人にはおすすめしないのですが、まだあまり試験について知らないという人には、グリニッジに行ってみるのもありだと思います。

まとめ

英語を勉強すると言ってもいろんな方法がありますが、なるべく費用を抑えて効果的に勉強したいですよね。

今日の記事を参考にしてもらえるとうれしいです。では!

コメント

  1. MARIKITA SAYA より:

    現在、オーストラリアへワーキングホリデーを検討しているものです。
    記事読ませていただき、オーストラリアの語学学校について質問したくコメント失礼します。

    語学学校のレベル分けテストはどのような内容でしょうか?
    ・リスニング?
    ・スピーキング?
    ・ライティング?
    ・テストの時間
    ・どのタイミングでレベル分けテストしたのか?
    など、通われた学校のケースでも構いませんので詳細を教えていただけますと幸いです。
    その他、対策すべきことなども聞きたいです。

    渡豪後の最初の1~3ヵ月は語学学校に通おうと考えています。
    できるだけレベルの高いところからスタートしたく、日本での事前の学習に励みたいです。

    突然のメッセージで恐縮ですが、ご回答いただけますと幸いです。
    宜しくお願い致します。

    • Kazu@papainaus管理者 papainaus管理者 より:

      学校によって違いますが、私の場合は初日に2時間ぐらいのテストだったと記憶しています。lELTSは受けたことがありますか?オーストラリアに移住したいなら必ず受けないといけないテストです。基本的にはそれと同じようなテストだと思ってくれて大丈夫です。ただし、学校によって違うので対策もしずらいかもしれません。日本人は圧倒的にスピーキングができないので一番上のクラスには入るのは難しいと思います。ヨーロッパ系の人たちがやはり上手なので。とりあえずこの記事でも紹介した通り、オンライン英会話でスピーキングを上達することが良いと思います。