スポンサーリンク

旅行に必要な持ち物 無駄なくお金を持ち込む

オーストラリアに行くなら絶対あった方が良い持ち物まとめ

更新日:

オーストラリアの主要都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト)に行くなら、ホテル近くのスーパーやコンビニで、案外なんでも手に入る。

ただし、日本のものより質が悪かったり、日本人に合わない商品が多く、出来る限り日本から持っていく方がいい。

この記事では、オーストラリア旅行に

  • 絶対必要な持ち物
  • あると便利な持ち物
  • エアーズロックに必要な持ち物

を体験を交えながら紹介していきます。

 

スポンサーリンク

絶対に忘れてはいけないもの

これらが無いと旅行すらできないもの。出発前に何度もチェックしよう。

  • パスポート
  • 航空券(航空会社によってはメールプリントアウトする必要ないところもあります)
  • 現金
  • クレジットカード
  • ETASビザ(オーストラリアに行くならETASが必要。詳細はこちら

ちなみに、海外で買い物するなら、現金の両替よりも、クレカ払いが一番オトク。

オーストラリア旅行におすすめのクレジットカードはこちら

ただし、クレカが使えないお店もあるので現金をある程度持っといた方がベスト。

お得な両替方法については以下の記事で説明しました。

オーストラリアドル(豪ドル)に両替/換金するにはどこが一番良い?

「どこで両替すればいい?」そんな質問をよくされます。 渡豪する、あるいはこれから日本に帰る時、持っているお金をそれぞれの国のお金に両替しますよね。 その時に一番お得な両替方法って、どれなんでしょう? ...

 

安全に旅するために必要な持ち物

大きな財布は避けて、セキュリティポーチを使う

旅行中、一番注意すべきなのは盗難。

パスポート、航空券チケット、現金、クレジットカードなど旅行中盗まれたら、とても面倒。

大きい財布などを持っていると、スリなどの対象になりかねません

取り出しやすく、首から紐をかけて簡単に盗めないセキュリティポーチが一番安心。

空港などで、パスポートの提出を求められたときにも、さっと出せて便利。

 

カラナビ付きの鍵でさらに安全

キャリーケースやバックパックは高くてカッコイイものだと、すぐに盗まれたり、壊れたりするので、僕はシンプルで安いもので十分だと思います。

LEGEND WALKERスーツケースは値段が手頃で、たった、2千5百円。その割に質も良くて長持ちする。

また、キャリーケースやバックパックを盗みにくくするために、こんなカラナビの鍵を持っておくとさらに安心。小さくて邪魔にならないので旅行に最適。

 

日焼け止め

絶対、使いましょう。

オーストラリアの紫外線は思っている以上に強いです。

面倒で塗らずに数時間ビーチで過ごしただけで、旅行中ずっとヒリヒリした経験があります。

現地で買うよりも日本の使い慣れたものがベスト。

肌が弱い人はこれを試してみてください。僕が日本でいつもまとめ買いしているものです。

 

薬(風邪薬)

急な気温の変化、ホテルのエアコンがきつかったりして、旅先で体調を崩すことはよくあること。

慣れない場所で薬局を探したり、英語で薬を探すのは大変なので、常備薬を持っていくのがベスト。

注意!
サプリメントや薬は入国の際に申告が必要。入国カードに「申告あり」、「薬」と記入し、空港で係員に渡すだけです。

市販薬はパッケージに入った状態とか個別包装でも裏に成分が書かれているなど市販薬であることが分かる状態で持ち込めば見せるだけでOK。

 

絶対これは買っておくべき!

全世界対応のコンセントプラグ

オーストラリアと日本はコンセントの形が違うので、これが絶対必要。

これ一つで海外どこでも使える。

これが無ければ携帯、パソコン、カメラの充電さえできない。

変圧器

変圧器はいろんなタイプのものがあるが、この変圧器は本当におすすめ。軽いし、全世界対応しているので、日本製の電化製品を海外で使いたい人は必ず持っておくべき。

変圧器が必要な一般的な家電は以下の物:

  • 電気シェーバー
  • ドライヤー
  • カールドライヤー
  • ヘアアイロン

これらの商品は、海外の電圧に対応していないものが多くある。

見分ける方法は、電化製品をコンセントにつなぐときに使うアダプターの裏側に、

小さい文字で100~240Vと書いてあれば、変圧器を使わないで大丈夫。

逆に、100Vしか書いていないなら、オーストラリアでは使えない。つまり、変圧器が必要。

しかし、変圧器を買うより、いっそのこと、海外の電圧にも対応しているものを新しく買い替えた方が安くすむこともある。

海外対応電気シェーバー

海外対応ドライヤー

速乾性シャツとパンツ

下着は、速乾性のシャツや、パンツを持っていくとかさばらない。

洗濯してもすぐ乾くので、最低限の荷物でむ。

今では、旅行にかかせないマストアイテム。

 

あると快適なもの

携帯、モバイルWiFi

インターネットは旅行中に欠かせません。

私は海外に行くときは必ずエクスモバイルをレンタルしています。

オーストラリアなら750円ほどでレンタルできて他社に比べてお得。

 

ボールペン

黒のボールペンは、入国する際のフォームを記入するときにあると便利。

カウンターにペンもありますが、利用者の数に圧倒的に足りないので、ペンの取り合いになることもあります。

1本あるだけで、スイスイ審査が進みます。

 

キーホルダー型工具

キーホルダーとして鍵につけれて、マイナス、プラスドライバー、ナイフ、栓抜きなどの機能。

旅行中にナイフやハサミが必要になる場面って結構あるんです。

しかも、値段約100円なのに、結構頑丈にできています。おすすめ!

オーストラリアの旅行で欠かせないもの

歯ブラシ、歯磨き粉

オーストラリアで買える歯ブラシはブラシの部分がでかいく使いづらい。

オーストラリアのホテルはランクによりますが、中には歯ブラシがついてこなかったり歯磨き粉がなかったりします。

もちろん、スーパーやコンビニで買えますが、持っていった方が便利。

 

延長ケーブル

誰かと部屋をシェアするなら延長ケーブルがあると便利。

ガイドブック

シドニー旅行の予習にはこちらの本がオススメ。

 

エアーズロックに持って行くもの

エアーズロックなどの田舎に行く場合、現地には何もないことを覚悟しておこう。

あったとしても割高なので、日本からしっかり準備して行けばかなり節約できる。

サングラス

 

虫除けネット

虫除けネットは絶対必要。日本で買えば、100円だけど、現地だと約2千円します。

 

海外についたらしておくべきこと

  • SIM Roamingをオフにするか、SIMカードを抜いておく。海外からの無駄なデータ利用を避けれる。

これだけ用意しておけば、旅先で困ることはないと思います。

最後に、オーストラリアは検閲が厳しく持ち込みできないものがあるので、以下の持ち物禁止リストもチェックしてみてください。

入国時に罰金$300?オーストラリア空港で持ち込み禁止のものまとめ

オーストラリアに旅行する方、ワーキングホリデーに来る方、食品や植物関連の持ち込みには、十分、注意してください。 オーストラリアの検疫(けんえき)は日本よりも厳しく、禁止されているものを持ち込むと、約3 ...

1

僕はオーストラリア留学するまで「クレジットカード = 借金」と思っていて、クレカ利用を避けてきました。 しかし、海外生活をしていると、オーストラリアドルに両替するよりクレカ支払いの方がお得だと気づいた ...

-旅行に必要な持ち物, 無駄なくお金を持ち込む
-

Copyright© オーストラリアに移住したパパのブログ , 2018 All Rights Reserved.