オーストラリア 電圧

スポンサーリンク

オーストラリア基本生活情報

誤情報に注意!オーストラリアの電圧・変圧器について。スマホ、携帯ゲーム機、カメラは大丈夫?

投稿日:

「オーストラリア 電圧」で検索すると240Vと書いてあるサイトがほとんど。知恵袋でもベストアンサーが。。

これは誤った情報で、オーストラリアの電圧は230V。

電圧の少しの差が発熱の原因になったり、長期的に利用すると家電の寿命を縮めると言われています。

では、日本の家電をオーストラリアで使うには、どうすれば良いのでしょうか。

この記事では、オーストラリア永住者が体験にもとづいてオーストラリアの電圧、変圧器についてまとめてみました。

日本の家電をオーストラリアに持ち込みたい人に必ず役に立つはずです。

スポンサーリンク

オーストラリアの電圧は230V

オーストラリアの電圧:230V(ボルト)
日本の電圧:100V(ボルト)

先ほども書きましたが、オーストラリアの電圧は230V。240Vではありません。誤解のないように。

日本の電圧は100Vです。

英語のWikiで調べてみるとこのように書いてあります。

The nominal voltage in most areas of Australia was set at 240 V in the 1920s. However, a change began in 1980 with the International Electrotechnical Commission (IEC) deciding to rationalise the 220 V, 230 V and 240 V nominal voltage levels around the world to a consistent 230 V. It is a common misconception that the nominal voltage remains at 240 V throughout Australia.

直訳すると、「1920年代のほとんどのオーストラリアの地域の電圧は240Vに設定されていた。1980年代に世界基準に合わせて230Vに変更された。」とのこと。

約40年前は240Vが標準だったため、古い情報をどこかで見た人が間違ってネット上で書いたのが誤情報の原因のようです。

 

オーストラリアの周波数は50Hz

日本の家電は大きくわけて、50Hz、60Hz、両方に対応している3つのタイプがあります。

日本では東、西で50Hzと60Hzに分かれているため、家電はたいていどちらかに対応しているか、両方に対応しているものしかありません。

オーストラリアの周波数は50Hzなので、60Hzしか対応していない商品をオーストラリアで利用しようとすると器具を痛めたり、性能を低下させる可能性があるので注意してください。

これは商品公式ホームページなどからチェックしてください。

 

日本の家電をオーストラリアで使うには「降圧変圧器」が必要

では、日本の家電をオーストラリアで使うにはどうすれば良いのでしょうか?

日本の電圧は100Vで、日本の家電はこれに合わせて作られるためオーストラリアでは基本的に使用できません。

しかし、変圧器を使って電圧を230Vから100Vに変更することができれば日本の家電も利用することができます。

230Vの電圧を100Vに変更することを、

ステップダウン、もしくはダウントランス(降圧)

と言います。つまり、電圧を下げる変圧器が必要というわけです。

 

変圧器が必要無い家電もあるよ!

先程、変圧器が必要と説明しましたが、すべての家電に変圧器が必要なわけではありません。

というのも、小型の家電の多くは海外旅行も考慮して作られているため、変圧器が内蔵されています(すべてではないので必ず個別にチェックしてください)。

例えば、変圧器無しで海外でも使える可能性が高い家電は

  • 携帯電話(スマホ)
  • ノートパソコン
  • カメラ
  • 電気シェーバーなど

特にアップル製品(iPhone、Mac Book)などの世界を対象に販売している商品は基本的に変圧器は必要ありません。

充電器やACアダプタに100-240Vと書いてあれば変圧器は必要ないもの(変圧器が内蔵されているもの)と考えて間違いありません。下の写真は私のGalaxyS8の充電器。100-240Vと書いてあります。

オーストラリア 電圧

これから購入する商品なら、Amazonなどにも電圧の表示が必ずあるはずなので事前にチェックしましょう。

もしチェックして100Vと記述されていたら、海外に対応されていない(国内での使用を想定している)ということになります。

その場合は小型の変圧器で対応できます。この小型変圧器はコンパクトで値段も手頃でおすすめ。

注意!

小型の変圧器は許容消費電力が低い(この場合200Wまで)ので、大型の家電には使えません。

この記事の後半で大型家電でも使える変圧器を紹介します。

 

携帯ゲーム機は要注意!

携帯ゲーム機を海外で利用するのは要注意。種類によっては海外対応していないものもあります。

任天堂3DSは海外で充電できる?

例えば、任天堂3DSの専用ACアダプタは国内しか対応していません(100V)。

任天堂からは海外用の専用ACアダプタは発売されていないので、こちらのアダプターを利用するのが一般的。

PS VITAは海外で充電できる?

PSVITAは海外対応しています。変圧器を使わないで充電が可能です。

任天堂Switchは海外で充電できる?

本家サイトにもありますが、100V~240Vの電源に対応しているとあるので変圧器無しで充電できます。

キンドル(Kindle)は海外で充電できる?

USB端子があるのでパソコンなどから充電すればOK。パソコンを持って旅行に行かないという方は、こういうUSB充電器があると便利。小型の

ポイント

デバイスがいくつもあってそれぞれのACアダプタを持ち運ぶのがかさばる、重いという方はUSB充電器がオススメ。超小型で、複数のUSB端子に対応。iPhone、携帯ゲーム機などなんでもさせる。デメリットとしてはACアダプタに比べて充電に時間がかかります。電源の入力は AC100V~240V / 50~60Hzなので、海外でももちろん使えます。

 

変圧器が必要な家電はどれ?

自宅で使うような家電のほとんどは変圧器に対応していないので、海外で使うには変圧器が必要になります。

例えば、変圧器が必要な家電は

  • 炊飯器、圧力鍋
  • ポット
  • ヘアドライヤー
  • ヘアアイロン
  • 衣類用アイロンなど

これらの家電はほとんど100Vのみ対応で、海外では基本的に使えません。

消費電力も高いため、先ほど紹介した小型の変圧器では力不足。

1500Wまで対応しているこの変圧器がオーストラリアでも使えると高く評価されています。

しかし、1500Wまで対応している変圧器はサイズ的に大きいので、どうしても日本の商品を使いたいという方以外は、現地で似たような商品を手に入れるのが一般的です。

もしくは同じ商品でも海外向けに作られているものも多くあります。例えば、

海外用ドライヤー
アイロン

などは日本の会社も海外向けの商品を販売しています。

 

海外向け商品を買う時も注意が必要!

先程海外向けの商品を買った方が良いと書きましたが、海外向けのものでも、電圧が合わないものもあるため、必ずボルト数をチェックしましょう。

例えば、シャープのヘルシオという商品を探すと、国内向けと海外向けの2つの製品があり、国内向けは100Vで海外向けは220V。

220Vは中国の電圧になります。つまりこの商品は海外向けというより中国向けに作られた商品ということ。(中国人の爆買い対策に作られた商品)

オーストラリアなどの230Vの国で使うと10Vの差があり、絶対に使えないとは言い切れませんが、問題が起こりやすいはずです。もちろん保証外で修理には対応してくれないはずです。

 

まとめ

電圧の問題は複雑で、デバイスごとに対処方法も変わるのでかなり長い記事になってしまいました。

実際、電圧が230Vと言っても、電圧は絶えず上下しているもので、220Vから240Vあたりをうろうろしているものらしいです。

ほとんどの家電はプラスマイナス10Vの電圧でも対応できるように設計されていると言われています。

なので、電圧が違う商品をオーストラリアで利用しても、問題なく使えることもあるようです。

しかし、最初にも言いましたが、家電は精密機械なので多少の電圧の違いで発熱してうまく動かなくなったりすることも多く報告されているので注意してくださいね。

1

僕はオーストラリア留学するまで「クレジットカード = 借金」と思っていて、クレカ利用を避けてきました。 しかし、海外生活をしていると、オーストラリアドルに両替するよりクレカ支払いの方がお得だと気づいた ...

-オーストラリア基本生活情報

Copyright© オーストラリアに移住したパパのブログ , 2018 All Rights Reserved.