オーストラリアに観光、または移住を計画中ですか?

当ブログはオーストラリア移住者の私が、おすすめオーストラリアの旅行情報を紹介しています。(詳細はこちら

オーストラリア移住に興味がある方はこちらからどうぞ。

サイトの一番上と下にあるカテゴリーから知りたい情報を簡単に探す、検索ができます。

日本の書類をオーストラリア郵便で追跡する方法|確実に書留をオーストラリアに届けるには

スポンサーリンク
オーストラリア基本生活情報

書類を日本からオーストラリアに国際配達や書留で送ってもらうことってありますよね。

私も今年でパスポートの期限が切れるので、戸籍抄本を送ってもらったのですが一向に届かない。

もう一度送り直してもらったのに、また紛失。

紛失した書類を追跡する方法を、失敗をもとに解説してきます。

 

書留は追跡不可能?

海外情報が検索できる国にオーストラリアが表示されていない。つまり書留は追跡できない

海外情報が検索できる国にオーストラリアが表示されていない。つまり書留は追跡できない

1回目は普通郵便だったので、まあしょうがないと諦めたのですが、2回目は書留でした。書留は国内郵送の場合、確実に相手に届くし追跡も可能です。

 

しかし、オーストラリア国内の場合、追跡不可能という扱いです。

 

詳しくは以下日本の郵便局のページを確認してみてください。書留の場合、ニュージーランドでは追跡可能なようですが、オーストラリアは対応してません。

EMS、小包郵便物(SAL便)、 小包郵便物(船便)はオーストラリアでも追跡可能ですが、 書留・保険付通常郵便物(航空便)や書留郵便物(SAL便)は追跡不可能という扱い。

国際郵便の郵便追跡サービスに関するお知らせ

日本から送ってもらう場合、書留は避けるべきなのでしょうか?これはあくまで日本側からは追跡しないよという意味で、実際はオーストラリア郵便局側から書留の追跡が可能でした。詳しくは記事の後半で説明します

 

国際郵便を日本郵便から追跡するには

日本郵便から追跡しても国外に出ると何も情報がない

日本郵便から追跡しても国外に出ると何も情報がない

国際郵便でオーストラリアに確実にしかも、日本側から追跡するにはどの配達方法を選べば良いのでしょうか。先ほどのページを確認してみると、以下の3つはオーストラリアでも追跡が可能です。

  • EMS
  • 小包郵便物(航空便)
  • 小包郵便物(SAL便)

 

実際、書留の追跡番号を郵便追跡サービスで検索してみると日本側の追跡情報は表示されますが、国外を出たあとは何もわかりませんでした。

郵便追跡サービス

 

書留とEMSの違いは?値段はいくら?

どうしても届けたい、日本側から追跡したい書類は書留は避けてEMSか小包郵便がベスト。

300グラム以下の場合でも、約2000円するそうです。(配送する場所によって変動あり)

 

しかし、通常の場合は、3日ほどで配達可能とのこと。SAL便は2週間かかることを考えると、急ぎの場合はEMSがベスト。

料金表(EMS:第2地帯) - 日本郵便
第2地帯には、オセアニア、北米、中米、中近東の国・地域が含まれます。

EMSで配達しても、場合によっては1ヶ月ぐらい待つそうです。でも、紛失することがないだけまだマシですよね。重要な書類の場合、無くなると個人情報の問題にもなりますし。

 

オーストラリア郵便から追跡する

 

EMSなら追跡可能と書きましたが、もうすでに書留で送ってしまったので、書留を追跡する方法を解説します。

書留は日本郵便側からは検索できなかったと先ほど書きましたが、オーストラリア郵便側から調べることが可能です。

まずは以下のサイトに行って、番号を入力してみましょう。こちらはログインなどする必要なく、検索可能です。

MyPost Deliveries

 

オーストラリア郵便局から追跡検索をしてみても何も表示されない

オーストラリア郵便局から追跡検索をしてみても何も表示されない

試してみたところ、何も表示されませんでした。やっぱりだめかと諦めていましたが、念の為サポートに連絡してみることにします。
先程のページ右上からログイン・もしくは登録します。住所などを入力しないといけません。右上にHelp & Supportという項目があるのでそこをクリック。左にTrackingというボタンがあるのでここをクリック。

help&supportから書留の追跡を問い合わせる

help&supportから書留の追跡を問い合わせる

 

最後にSubmit an enquiryという項目があるのでその下のMissing Itemをクリックします。そうすると追跡番号を入力するためのフィールドとコメントが書き込めるので、「いつ・どこから送ったか」を記入し、オーストラリアの携帯番号を入力し、Submitボタンを押しあとは連絡があるのを待ちます。

Submit an Enquiryで問い合わせる

Submit an Enquiryで問い合わせる

 

私の場合は、問い合わせてから3分ほどで直接電話がかかってきて、書留がオーストラリア国内にすでにあり、数日以内に届くと言われました。

なぜ直接問い合わせることでわかることなら、なぜ検索可能にしないのかよくわからないのですが、直接問い合わせるかぎり、書留でも追跡できるみたいです。

 

まとめ|書類を確実に届けるための注意事項

これは配送方法とは関係ないのですが、うちの両親はなぜか、筆記体を好んで使うのですが、読みにくいです。

配達する人が読みやすいようにブロック体で、でかい文字の方が配送ミスも少なくなるはずです。

どうしても確実にそしてすばやく届けるなら絶対EMSがおすすめです。

でも、EMSはどうしても料金が高いので、書留もありだと思います。

ただし、書留は追跡するにも少し手間がかかるので注意してくださいね。

 

コメント