オーストラリアに観光、または移住を計画中ですか?

当ブログはオーストラリア移住者の私が、おすすめオーストラリアの旅行情報を紹介しています。(詳細はこちら

オーストラリア移住に興味がある方はこちらからどうぞ。

サイトの一番上と下にあるカテゴリーから知りたい情報を簡単に探す、検索ができます。

オーストラリアの無料WiFi裏事情。留学、ワーホリ旅行にレンタルWiFiは必要?

スポンサーリンク
オーストラリア無料WiFi 旅行に必要な持ち物

オーストラリア無料WiFi
オーストラリアの空港、飲食店、ホテル、デパート、公共施設などいたるところで無料WiFiスポットが利用できる。

無料なので無料WiFiだけで旅行を計画をしている人もいるかもしれない。

ただ、プリペイドSIMカードやレンタルWiFiと比べるとデメリットも結構ある。

この記事ではオーストラリア在住歴8年の私が、

  • 現地無料WiFiのメリット、デメリット
  • 無料Wi-Fi利用の仕方
  • おすすめ無料Wi-Fiスポット(カフェ、公共施設)
  • 無料WiFiスポットから個人情報を盗まれないための対策

などを紹介していきます。
[adsense]

無料WiFiのデメリット

東京とシドニー両方住んだことがある私からすると、日本よりオーストラリアの方が無料WiFiが使える場所が多く感じる。

特に都市部(シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコーストなど)では無料WiFiはすぐ見つかる。

しかし、無料WiFiスポットにはいくつかのデメリットがある。

 

オーストラリア無料WiFiの制限、スピード

ほとんどのフリーWiFiはいくつかの使用制限がある。制限は場所によって様々だが、基本的には使用データの上限や使用時間が決まっている。

例えば、1日、1GBまでとか、2時間だけ利用可能など、頻繁に利用したい人は不便に感じる。

また、注意してほしいのは、オーストラリアのホテルだとWiFiの利用は有料なところも結構あり、ホテルを予約する前に確認しておくべき。

また、場所によっては、速度が遅いので動画を見ると遅すぎてイライラするかもしれない。

特にマクドナルドなどのファーストフード店でも無料WiFiが利用できるが、かなりスピードが遅い。

 

フリーWiFi(無料WiFi)は危険?

さらに注意しておかないといけないのが、無料WiFiの利用は安全とは言えない。

例えば、このオーストラリアの2017年12月のニュース

Austrian police reported that a man had $155,000 worth of the digital currency Bitcoin stolen from him after he logged on to a restaurant’s unsecured public Wi-Fi network.

訳すと、「オーストラリアで約千3百万円分のビットコインが盗まれた。この時、ユーザーが利用したのが、レストランの無料WiFi。

無料のWiFiは古いネットワーク機器を使っているものが多く、特にパスワードを必要としないものは、SMS、メール、パスワードなど簡単にハックできてしまう。

こうしたサイバー犯罪を避けるためにも、無料WiFiはあまりおすすめできない。

有料だが、プリペイドSIMやレンタルWiFiを考慮すべき。

 

オーストラリア対応プリペイドSIM

オーストラリア旅行者の間で一番人気なのは、このオーストラリア対応のプリペイドSIM

8日間の利用で、3GBまで使える。1日あたり181円ほどで利用できて値段も手ごろ。

旅行の途中、googleマップを使ったり、ブラウザで人気のお店をチェックするなら十分なデータ量。

 

オーストラリア対応レンタルWiFi

レンタルWiFiはさきほど紹介したプリペイドSIMと比べて若干高くつくが、

レンタルWiFiならプリペイドSIMと違い複数の機器と共有できる。

パソコンを使う人はレンタルWiFiの方が便利。

また、日本で使っている携帯がSIMロックされている場合、プリペイドSIMは利用できないのでレンタルWiFiになる。

オージーデータのWiFiルーターなら1日間の700GBまで使えるし、4Gなので速度も早い。値段は690円

他にもエクスモバイルグローバルWiFiイモトのWiFiも有名ですが、正直オージーデータの方が断然安いしデータ量も多い。

 

現地無料WiFiスポットから個人情報を盗まれないための対策

どうしても無料WiFiを利用するなら、サイバー犯罪に巻き込まれないために、これらのルールは最低限、守りましょう。

  • ログインが必要なサイトを利用しない
  • クレジットカード、銀行のサイトを使わない
  • メールなど個人情報がわかるサイト、アプリを使わない
  • パスワードが必要なWiFilを利用する
  • 小さいお店ではなく、図書館や空港など大きな施設の無料WiFiを利用する
  • VPN(Virtual Private Network)を利用する

VPNについては、以前の記事で詳しく説明したが、VPNを利用すると無料のWiFiでも匿名性を維持できるので、安全にネットが使える。

また、小さいお店だネットのセキュリティに設備投資ができず、安全性が低い古いルーターを使っている可能性が高い。政府が運営している図書館や、空港はIT部署などがありセキュリティ問題にも敏感に対応しているケースが高い。

 

オーストラリアの無料WiFiスポットはどこ?

オーストラリアフリーWiFi

オーストラリアで無料WiFiを提供してくれるところは無数にある。上の写真はシドニーショッピングモール内のフリーWiFi。他にも以下の場所で無料WiFiを提供している。

  • 図書館
  • ショッピングモール
  • スターバックス(コーヒーチェーン店)
  • グローリアジーンズ(コーヒーチェーン店)
  • TOM N TOMS COFFEE(コーヒーチェーン店)

短時間の利用ならこれらのお店や公共施設でも、問題なく無料WiFiが利用できます。ただし、どれもスピードが遅く、あまり長時間滞在するには向いてない。

  • 空港
  • マクドナルド(ハンバーガーチェーン店)
  • ハングリージャック(ハンバーガーチェーン店)
  • 個人営業のカフェ(普通のカフェでも結構無料WiFiを提供しているところも多い)
  • シドニーフェリー
  • セントラル駅(シドニー)

 

シドニーのおすすめ無料WiFiスポット

シドニーの都心部にあるカフェでは、ゆったりとした椅子がなかったり、狭いので長居しずらい。

もし長時間WiFiを使いたいなら、さきほど紹介したチェーン店のカフェか図書館がおすすめ。

僕が個人的にオススメするのはGeorge Street沿いにあるTOM N TOMS COFFEE。

電源もあるし、席もゆったりしていて、長時間滞在するのに向いています。詳しくは以前の記事を参照してください。

勉強におすすめシドニーカフェ。無料WiFi、電源、エアコン有り
シドニーはおしゃれなカフェは山ほどありますが、 無料WiFiが使えて、パソコン用の電源コンセントがあって、しかもエアコンが効いているお店ってあんまり無いんです。 日本だったら、スターバックスや、ドトールで、集中して仕事や...

 

無料(フリー)WiFiの利用の仕方

フリーWiFiを利用するのに、パスワードが必要になる。(空港などはパスワードはいらない)

ホテルやカフェに到着したらパスワードをカウンターで確認しましょう。

“Could I use a free wifi?”

と質問すれば、パスワードを教えてくれるはず。

パスワードをもらったら、後は普通に接続するだけ。

携帯かパソコンの、「WiFi設定」から、利用できるWiFiを探します。

「Free XXX WiFi」

みたいなのがあるはずなので、それを選択する。(XXXは店、ホテルの名前)

すると、自動的に利用規約のページが開くので、「Agree (利用規約に同意)」ボタンを押すと、ネット利用できます。

注!場所によっては、パスワードが必要無いWiFiもあります。

 

留学、ワーホリなら無料WiFiでも大丈夫?

留学、ワーホリだと無料WiFiだけで過ごすのは相当難しい。

友達や同僚と電話で連絡もするはずなので、現地で格安SIMを利用するのがおすすめ。

日本で言うLine モバイルやmineoのような格安で携帯SIMを提供している会社がオーストラリアにもある。

以前の記事にまとめたので、気になる方はチェックしてみてください。

オーストラリアの携帯SIMカード11社の料金比較と購入方法【2018年更新】
オーストラリアの主要通信キャリアはTelstra(テルストラ),Optus(オプタス),Vodafone(ボーダフォン)の3つ。もちろん、日本のSIM(au, docomoなど)で国際ローミングすることも可能だが、通信費は10倍以上で最悪の方法。今日おすすめする現地SIMと手持ちの携帯を使えば月約1000円以下に節約することもできる。すべての記事を読む時間が無い人は、旅行者者向けSIMの料金比較か、長期滞在者向けSIMの料金比較だけでもチェックしてほしい。必ずオトクにネット、通話環境を利用できるはずだ。

 

オーストラリア無料WiFiまとめ

  • 無料WiFiはスピード、使用制限があり頻繁に使う人には向いていない。
  • 無料WiFiはセキュリティ上問題アリ、個人情報を含むサイトへのアクセスは絶対してはいけない。
  • 小さいカフェよりも大手チェーン店や図書館の方が安全性が高い。
  • 頻繁に使いたいなら、無料WiFiよりオーストラリア対応のプリペイドSIMがおすすめ。
  • 複数端末を現地で使いたいなら、レンタルWiFi
  • オーストラリアに1か月以上滞在するなら、現地格安SIMの方が安い。

なにかわからないことがあったら、TwitterやFacebookで連絡してみてください。

この記事を書いた人
Kazu@papainaus管理者

ワーホリ、留学後、シドニーでITの仕事に就く。子供が生まれたばかり。オーストラリア観光、移住に役立つ情報を発信しています。

Kazu@papainaus管理者をフォローする
旅行に必要な持ち物
スポンサーリンク
Kazu@papainaus管理者をフォローする
オーストラリアに移住したパパのブログ

コメント