オーストラリアのお土産・買い物

激安!サーフ系ファッションおすすめ海外通販サイトを比較。Surfstitchレビュー

更新日:

2017年10月更新!
10月末まで、いくつかの商品を除いて30%オフです。このこのリンクから公式サイトに飛び、クーポンコード「TRICK30」を入力してください。入力方法は以下の手順に従ってください。

サーフ、ストリート系ファッションが好きな僕ですが、いつも悩むのがどこで購入するか。

できることなら、気に入っているブランド商品をなるべく安く購入したいというのが本音。

というわけで今日は僕が普段使っているおすすめ海外通販サイトと、実際に購入したものをレビューしていきたい思います。

スポンサーリンク

ムラサキスポーツとの価格比較

日本でサーフ系ブランドを取り扱っているお店と言えばムラサキスポーツ。僕も以前よく利用していました。

駅前のショッピングモール内にあるので便利ですよね。

ただ、ムラサキスポーツの問題は値段が高いということ。

そもそもサーフ系ブランドは日本では利用者が少ないため、価格競争が少ないんです。逆にオーストラリアなどのサーフィン人口が多い国では、利用者が多く、激戦区。お得なセールなども頻繁に行われています。

また、店舗があるお店から買うよりもオンラインの方が若干割安で買えます。

なので、僕も海外通販サイトを利用して安いところから購入しています。

では価格比較してみましょう。同じ商品でどのぐらい値段の差があるんでしょうか?

例えばこのQUIKSILVER と NEW ERAのコラボキャップ。ムラサキスポーツ公式サイトだと5184円。

アマゾンでも同じ値段。

 

SurfStitch(サーフスティッチ)とは?

で、僕が使っているSurfStitchiconというオーストラリア発の通販サイト。オーストラリア最大級のサイトで、サーフ、ストリート系600以上のブランドを扱っています。たぶん、サーフ系で扱ってないブランドは無いと言ってもいいぐらいなんでもあります。

現在では15カ国以上を対象にオンラインショップがあります。もちろん、日本も対象です。

気になるお値段ですが、さきほどムラサキスポーツとアマゾンでチェックしたキャップと同じ商品が、2678円。ほとんど半額。安いですよね。

しかもこのサイト頻繁にセールやクーポンコードが配布されていて、うまくいけばもっと安く買えるんです。

海外からの送料を心配するかもしれませんが、日本なら5千円以上で送料無料、もし5千円以下の購入でも送料、約500円ほどです。

僕もこのサイトを頻繁に利用しています。とにかくどの商品も安いのでついつい買いすぎてしまうのが問題です。

 

実際、ちゃんと届くの?

最近利用した時は3つのアイテムを購入しました。5千円ギリギリ超えるようにしたので、送料無料でした。

僕はオーストラリアに住んでいるので実際に注文して次の日には届いていました。日本でも2日以内に届くそうです。梱包は簡素でこんな袋に入っていました。

ひとつめはこのキャップ。Globeというスケート系のブランドで、最近人気です。シンプルなデザインで使いやすいので気に入っています。値段は15.74ドル。日本円で約1,318円。

次はベルト。NIXONというアメリカのブランド。サーフ、スケート系のアパレルです。シンプルなブラックなベルトが欲しくて買いました。値段は2,636円、オーストラリアドルで31ドル。

最後はSILENT THEORYというブランドの女性もののTシャツ。これは妻が試しに買ってみたんですが、165cmの身長で、サイズはSがちょうど良かったそうです。海外のブランドが多いので日本のサイズよりもひとつ小さいサイズを選んだ方が体にフィットすると思います。こちらは4.49ドル、日本円で376円。

合計51.72ドル。日本円で4千3百3十円!安い。日本で同じものを買おうと思ったらたぶんこの倍はするんじゃないでしょうか。

 

購入方法

まずはSurfStitchiconにアクセスしてください。

日本に住んでいる人は、サイト右上のボタンをクリックしてJPYを選択してください。(オーストラリアに住んでいる人はAUD)

あとは欲しい商品をカート(カゴ)に入れていき、CHECK OUT NOWをクリックします。あとは住所、クレカ情報などを入力します。

最後にクーポンコードがある場合はこのPROMO CODEのボタンをクリックして入力するだけ。

 

購入前の注意点

購入前に注意して欲しい点としては、日本に配送できないブランドがあります。たぶん、日本でも展開しているブランドとの契約などあるのでしょうか。

Burton, Havaianas, Solid Racks, Garage Entertainment, The North Face, Jansport, Oakley, Nixon, Rip Curl, Billabong, Element, Kustom, RVCA, Tigerlily, Von Zipper, Liive Vision

あと、サーフボード、自転車、ボディボードなども対象外になるので注意してください。詳しくは本家サイトからチェックしてください。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?日本の店舗を持つお店で購入するとどうしても高くつくはずです。オンラインの方が店舗を持つ必要がないのでコストがかからないですし、オーストラリアは競争が激しいので頻繁にセールをやっています。

サーフ系のブランドを買うならぜひ、このSurfStitchiconを利用してみてくださいね。では!

-オーストラリアのお土産・買い物
-, , , , , , , ,

Copyright© オーストラリアに移住したパパのブログ , 2017 All Rights Reserved.