スポンサーリンク

交通情報

オーストラリアで運転する前に知っておきたい知識と英単語

更新日:

journey-car-europe-drive-driving-trip-route

5月にメルボルンに観光しに行きます。とりあえず、グレートオーシャンロードには絶対に行こうと思っています。

グレートオーシャンロードは海岸線沿いにあるので交通手段は、ツアーの観光バスか、自分の車しかありません。

どうせなら自分で運転していこうということで、先週、免許書を申請し、NSWの運転免許を取得しました。

日本の運転免許があれば、オーストラリアの試験を免除?!オーストラリアの免許を取得してきた。

都市部に住んでるので免許の必要性を今まで感じなかったんですが、旅行の時にレンタカーで運転したいと思い今回、NSWの免許を申請しました! 私の場合、日本で免許を取得していたので、筆記試験や実技などはまた ...

続きを見る

今日は、オーストラリアで運転する人向けに、オーストラリアと日本で違う交通ルールや運転にまつわる英単語など、私が気になるものをピックアップしてみました。

日本の運転に慣れているいても、一度、しっかりここで予習しておきましょう。

スポンサーリンク

間違えやすい英単語

  • Indicator, ウィンカーは和製英語。直訳するとウィンクする人という意味になってしまう。
  • Intersection, 交差点
  • Braking, ブレーキ
  • Accelerator, アクセル
  • Freeway もしくは motorway, 高速自動車道路
  • Tollway 有料道路
  • Kerb 縁石
  • Skidding 車が急停止により滑ること
  • Unbroken lines 一直線の途切れていない白線。

ラウンドアバウト(Roundabouts)

日本にはないラウンドアバウトという交差点

以下の画像のような円形の道路こと。

この形は、車が直進することができないので、交通事故を減らす目的で作られた。

しかし、実際は、この形に慣れない人には運転しずらく、運転ミスによる衝突事故も起きているので細心の注意が必要。

州によって多少ルールに違いがありますが、NSWのルールは以下の通り。

  1. ロータリーに入る車は譲る(既にロータリーに入っている車に優先権)
  2. 時計回りに回る
  3. ウィンカーは、ロータリーから出る直前に出す(直進する場合は必要無い)

慣れてしまえば難しくないのですが、複数の車線がある大型のラウンドアバウトがあり、これは今でも緊張します。

以下のビデオが分かりやすいので、一度頭でシュミレーションしておくといいかも。

ギブウェイ

よくあるのがこのGive way の標識。”道を譲れ”という意味。このサインを見たら、安全確認をして徐行し、車が近づいてきていることを確認したら、道を譲る。

give-way-sign

シートベルト着用

シートベルトは後部座席も着用が義務!必ずみんなシートベルトすること!

 

信号機

日本の横型と違い、縦型。右側の列に矢印のサインがあり、これは右折に対する信号。

つまり、以下の写真だと直進は左側の列が青なのでできるけど、右折は右側の矢印が赤なので、矢印が青になるまで待たないと駄目。

trafficlights

フックターン

トラムがあるメルボルンには有名な、フックターンというルールもあります。これは日本では全くないタイプなので、少し慣れる必要があります。

普通だと、右に曲がりたい時は一番右のレーンに寄せます。でも、このフックターンのサインがある場合は一番左のレーンに寄り、青になったら、前進し交差点の途中で停止。前方にある信号が赤になるのを確認してから、右折します。

このYoutubeのビデオはすごいわかりやすいので、メルボルンで運転する方は、ぜひ確認してみてください。

Hook_Turn_Sign_Melbourne

まとめ

オーストラリアの海岸線沿いを車でドライブするのって実は叶えたい夢の一つでした。免許が届くのが楽しみです!行ったことがある方、永住者の方、お薦めの場所があったらぜひ紹介してくれると嬉しいです!

 

-交通情報
-, , , ,

Copyright© オーストラリアに移住したパパのブログ , 2018 All Rights Reserved.