オーストラリアに観光、または移住を計画中ですか?

当ブログはオーストラリア移住者の私が、おすすめオーストラリアの旅行情報を紹介しています。(詳細はこちら

オーストラリア移住に興味がある方はこちらからどうぞ。

サイトの一番上と下にあるカテゴリーから知りたい情報を簡単に探す、検索ができます。

マンリー・シェリービーチに行ってきた|シドニー有数の観光地徹底解説【行き方・写真多数】

スポンサーリンク
Corsoという繁華街にはカフェやレストランが立ち並ぶ シドニー観光
Corsoという繁華街にはカフェやレストランが立ち並ぶ

シドニーの人気のビーチと言えば、マンリービーチ(Manly Beach)。ワールドサーフィンリザーブという環境保護団体に選ばれた世界中でも数少ないビーチのひとつです。

レストラン、パブ、カフェなどが立ち並び、週末になればマーケットや音楽のイベントが行われていて、現地人や観光客にも大人気。

在住者の私がマンリービーチともに、マンリーから徒歩20分ほどの私のお気に入りシェリービーチも一緒に紹介していきます。

 

マンリービーチ(Manly Beach)への行き方・地図

上の地図上の灰色のマーカーがマンリービーチ。シドニー都心部のセントラル駅から電車、フェリーで約30から40分ほど。

シドニー都心部のセントラル駅から電車で約10分ほどで、サーキュラーキー駅につく。

写真からも見える通り、「3番」のフェリー乗り場に行く。事前に用意しておいたOpalカードで、改札でタップし、フェリーに乗り込む。(Opalを持っていない方はこの記事を参照)

サーキュラーキーからフェリーでマンリービーチへ

サーキュラーキーからフェリーでマンリービーチへ

そこからフェリーで15分ほどでManly Wharfに行く。到着したらManly側ではOpalカードをタップする必要はない。そもそも改札がないため、タップできない。写真にもあるように「No tap off needed」とある。またサーキュラーキーに戻ったときにまとめてチャージされる。

マンリー埠頭ではOpalカードをタップする必要はない

マンリー埠頭ではOpalカードをタップする必要はない

フェリーを降りるとすぐに「Manly Cove」という小さいビーチがあり、時々このビーチをマンリービーチと勘違いしてしまう人がいるので間違えないように。

マンリーコーブが埠頭から見える

マンリーコーブが埠頭から見える

本当のマンリービーチは、フェリーを背中にして約15分ほど歩いた場所。

 

Corsoで街ブラとジャズを楽しむ

Corsoという繁華街にはカフェやレストランが立ち並ぶ

Corsoという繁華街にはカフェやレストランが立ち並ぶ

「The Corso」という商店街があるのでまっすぐ一本道を歩く。

途中にはいろんなお店(カフェ、雑貨屋さん、サーファー系ブランドショップ)などが立ち並び、ショッピングを楽しめる。

マンリーにあるおしゃれなホットドッグ屋さん。絵になる

マンリーにあるおしゃれなホットドッグ屋さん。絵になる

 

マンリーで美味しいご飯を食べたいならこの記事もチェック!

マンリーおすすめレストラン・カフェ|シドニーの夏を満喫するお店を紹介します
夏と言えば、シドニーのビーチで有名なマンリービーチ。マンリーのレストラン・バーの数は年々増え続けていて、シドニーらしい多国籍なレストランが楽しめます。シティの狭いレストランとは違い、マンリービーチの絶景を見ながらリラックスした雰囲気のあるレストランやバーが多くあります。マンリービーチ観光した後はぜひ、人気のカフェ・レストランを楽しんでみてください。というわけで、今日は永住者の私が好きなマンリー周辺にあるレストラン・カフェを紹介します。

 

私が行った時はちょうど「Manly Jazz」というジャズの屋外イベントが行われていて、街角に特設会場がいたるところに作られていた。すべて無料で参加できる。

ジャズ特設屋外ステージ

ジャズ特設屋外ステージ

中学、高校生ぐらいの若い演奏者から、年配のかっこいいジャズ演奏者たちも。

ジャズ好きにはたまらないManly Jazzイベント

ジャズ好きにはたまらないManly Jazzイベント

プロのジャズの演奏者たちも参加している。屋外なのでビールを飲んだり、おしゃべりしたり、みんな自由にジャズを楽しんでいる。

プロのジャズ演奏者も参加している

プロのジャズ演奏者も参加している

 

マンリービーチと原住民の歴史

白い砂浜と青い海といえば、マンリービーチ

白い砂浜と青い海といえば、マンリービーチ

Corsoを抜けるとマンリービーチに到着する。

マンリーは1788年にアーサー・フィリップに名付けられた。

植民地化したいイギリス人はマンリー周辺を訪れると、原住民(アボリジニ)と対立し、原住民を捕虜にした。

その捕虜が騒いだりせずに、沈黙を守っていたため、その自信と態度に男らしい = Manlyと名付けたと言われている

なんとか共存したいイギリス人は贈り物をしたり、捕虜に言葉を教えたり交流を図り原住民からシドニーに入る許可をえることができたそうだ。

(さらに詳しく歴史を知りたい方は参照元をチェック

今では原住民は、ギフトショップでパフォーマンスなどをして暮らしている。

マンリービーチ付近のギフトショップにはこのように楽器を演奏するアボリジニが見れる。

マンリーはアボリジニとイギリス人が初めて交流した場所としても有名な地

マンリーはアボリジニとイギリス人が初めて交流した場所としても有名な地

観光客にも人気の場所だが、きれいに整備されていてゴミゴミしていない。

マンリービーチで日焼けを楽しむ人たち

マンリービーチで日焼けを楽しむ人たち

 

マンリーおすすめアクティビティ

ビーチで日焼けしても良いし、ビーチ沿いにあるマーケットでショッピングを楽しんでもよい。

ビーチからすぐ側ではマーケットが毎週末開かれている

ビーチからすぐ側ではマーケットが毎週末開かれている

 

カヤックシュノーケリングも有名。現地で道具などすべて調達できる。

マンリー シュノーケリング ツアーとネイチャー ウォーク、提供元:EcoTreasures | シドニー, ニューサウスウェールズ州 - トリップアドバイザー
2018年 Manly Kayak Centreへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー
Manly Kayak Centre(マンリー)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(76件)、写真(24枚)、地図をチェック!Manly Kayak Centreはマンリーで6位(20件中)の観光名所です。

 

サメも見える?シェリービーチ

シェリービーチへと続く細い道

シェリービーチへと続く細い道

シェリービーチはマンリーの海を正面として右手にずっと進むと写真のような細い道がずっと海岸線に沿ってつづている。

シェリービーチに向かう人の流れができているのでそれにしたがって、進んでみよう。

マンリーがある湾は「Cabbage Tree Bay」といいますが、砂浜、岩石地帯、海藻地帯に分かれています。なのでいろんな動植物が生息していて、それを餌にするサメが時々現れます。

サメだけでなく、カメや魚(クエ)などが産卵の時期にやってくる場所としても有名。

なので、泳ぐなら気をつけて泳ぎましょう。

シェリービーチへの海岸線沿いの道

シェリービーチへの海岸線沿いの道

シェリービーチ付近の家はどれもオシャレ

シェリービーチ付近の家はどれもオシャレ

写真を撮りたくなる場所はたくさんある。

シェリービーチ付近にある海とつながっているプール

シェリービーチ付近にある海とつながっているプール

20分ほどあるくとシェリービーチが見えてくる。小さい入江のビーチ。

入江にあるシェリービーチ

入江にあるシェリービーチ

マンリービーチは巨大な砂浜が何キロにも渡って続いているのと対照的に、シェリービーチはこじんまりとしていてまるで映画に出てくるワンシーンのよう。

こじんまりとしたシェリービーチ

こじんまりとしたシェリービーチ

泳ぎたくなるシェリービーチ

泳ぎたくなるシェリービーチ

 

まとめ|マンリービーチとシェリービーチ

シドニーの観光名所として、家族、友人、カップル同士など誰にでもおすすめできる場所、マンリー、シェリービーチ。

シドニーの都心部からちょっと離れただけなのにこんな綺麗な自然が満喫できるのにはじめて来たとき、本当に感動しました。

観光でシドニーに旅行する際には、ぜひ一度行ってみてくださいね。

では!

 

この記事を書いた人
Kazu@papainaus管理者

ワーホリ、留学後、シドニーでITの仕事に就く。子供が生まれたばかり。オーストラリア観光、移住に役立つ情報を発信しています。

Kazu@papainaus管理者をフォローする
シドニー観光
スポンサーリンク
Kazu@papainaus管理者をフォローする
オーストラリアに移住したパパのブログ

コメント