スポンサーリンク

オーストラリア基本生活情報

海外から日本の本を最安で取り寄せるならhontoを利用すべし!

更新日:

海外で、日本の本を読みたくなることってありませんか?Kindleで読書も出来ますが、私の場合日本語で書かれた参考書が読みたいときは必ず日本から取り寄せます。

何度も見なおしたりするような参考書は紙であった方が、折り目をつけたりして読み返しやすいです。ちなみに、シドニーには紀伊国屋がありますがどの本も価格が2倍以上で勉強する気も失せます。。

日本から本を取り寄せる方法はいくつかありますが、honto(書籍ストア)は最安値で買えるので絶対オススメです!

他の書籍ストアと何が違う?

アマゾンなどで購入して配送してもらうと結局、手数料と配送料で紀伊国屋で買うのと変わらない値段になります。しかし、hontoで購入すると、消費税がかからず、配送手段を選択できる。

スポンサーリンク

安くするコツ!

この配送手段が選べるっていうのが大きくて、船便が選択できます。時間は1ヶ月から2ヶ月と時間がかかるが、絶対に安い!

IMG_4831

ダンボールに梱包されてます。ダンボールの中もプチプチの袋に入っているので、安心。

IMG_4832
最近中国語を趣味で勉強しようと思い、教科書を2冊購入してみた。本自体がハードカバーで重めなので送料が少し高いけど、小さいならこれよりもっと安いはずです。

送料:1080円
本代:2500円 x 2

合計6080円

写真から見ても分かる通り、梱包もとても丁寧で本も綺麗な状態だった。本自体の値段5000円と送料だけしか請求されなかった。アマゾンとか他のサイトだとこれプラス手数料がかかる。また、配送方法が選べないので最終的な値段がとても高くなる。

登録の仕方

海外に配送してもらうには、登録に仕方に注意が必要。サイトのデザインが変わったためか、海外住所の登録方法がわかりづらいので以下に簡単に解説しときます。

hontoにアクセスし、新規登録から日本の住所(両親の住所や昔の住所でOK)を入力。

登録が完了したら、ログインして、「マイページ」のタブをクリック

mypage

ページをスクロールすると、下の会員情報という欄があるので、その中の「アドレス帳情報」を選択。

adress

後は、「アドレス帳情報」の下にある「新規登録」をクリックして「海外」タブを選択し、現在住んでいる海外の住所を入力するだけです。

どうでしたでしょうか?海外で日本の雑誌や小説をじっくり読んでみたりしてみてください!

-オーストラリア基本生活情報

Copyright© オーストラリアに移住したパパのブログ , 2018 All Rights Reserved.