オーストラリアで子育て

移住者必見!オーストラリアで子育てする上で知っておきたいチャイルドケアベネフィット(子育て支援)について。

投稿日:10月 10, 2016 更新日:

ce7e734aa0-copy-resized

日本からオーストラリア移住してきた私と妻のようなカップルには、頼れる親や親戚がそばにいません。つまり気軽に子供を預かってくれる人が周りにいません。

なので、チャイルドケアを利用せざるおえないのですが、オーストラリアのチャイルドケアは高いです。。。

でも大丈夫。永住権を持っているならオーストラリア政府からChild Care BenefitとChild Care Rebateという経済的サポートが受けられる可能性があります。

特にこのChild Care Rebateという制度は費用の半分を補ってくれるため、経済的負担をかなり減らしてくれます。

これは申請しておかないと絶対損です。ただし条件を満たしていないといけないので、注意してください。

 

チャイルドケアベネフィット(Child Care Benefit)とは

収入によって受けられるか受けられないかが決まります。もしサポートが受けられると判断された場合、利用しているチャイルドケア先に直接支払われます。

自分と妻合計の年収が以下の基準より下回っている場合のみ、サポートが受けられます(2016年10月現在)。子どもの人数によっても変わってくるので注意してください。

子供1人 子供2人 子供3人,それ以上
年間$154,697 年間$160,308 年間$181,024

政府認定のチャイルドケアでないと対象外になるので、預け先に確認を取りましょう。

なるべく新しい情報を更新しているつもりですが、詳細は政府のサイトで確認してください。

とりあえずチャイルドケアを利用している子供がいて、年収が上記の基準を下回っている家族はとりあえず申請してみましょう。

負担してくれる金額は、収入や家族構成などによるので一概にいくらとは言えませんが、気になる人はここで計算できます。

申請はmyGovからできます。myGovはオーストラリアに移住する人は必ず知っておくべきサイトです。

数年前までは政府のオフィスにわざわざ足を運ばなければならなかったのに、今ではオンラインでいろいろできて本当に便利になったものです。

myGovからCenterlinkにアクセスし、左上のメニューからChild Care, Claim Approved Child Care Benefitを選びます。

screen-shot-2016-10-01-at-5-40-47-pm

後は画面に従って申請するだけです。

 

チャイルドケアリベイト(Child Care Rebate)とは

チャイルドケアリベイトはチャイルドケアベネフィットと違い、世帯収入は関係ありません。チャイルドケア費用の半分が、カバーされます。ただし、最大年間$7500までと上限が決まっています。

妻と夫が両方共、働いている、勉強しているなど(詳細は公式ページを参照)の状況でないと受けられません。また、二人のどちらかが永住権もしくは市民権を持っていること。

これはChild Care Benefitと違って直接、自分の銀行口座に振り込まれます。

なるべく新しい情報を更新しているつもりですが、詳細は政府のサイトで確認してくださいね。

 

まとめ

移住する国を選ぶ上で、その国の政府がどういうサポートを家族に提供しているかは重要な要素の一つです。

生活コストが低いからと発展途上国に住むのも悪くありませんが、そういう国は福祉が発達していないケースが多く、生活のいろんな面で困ることが多いです。

オーストラリアでは病院に行けば、無料で通訳者を呼ぶ事ができたり、子供を持つ家族に対しての福祉も充実しています。

オーストラリアの生活に興味のある方は、以前の記事も読んでみてみてください。

オーストラリアのPublic病院で出産しました!体験談!

海外就職に興味のある方は、まずは英語転職.comで海外求人を探してみてください。

シドニーに来る予定がある方は、ホテル検索サイトhotels.comを試してみてください。

では以上です!

関連記事

Baby Massage (ベビーマッサージ)

今すんでいるAshfieldでは地方自治体の活動が盛んで、いろいろなサポートを受けられる。ベビーマッサージはそのうちの一つで無料で参加できるとあったので、興味本位で応募してみたのですが、思いの外良かっ …

オーストラリアの子供は何歳で学校に行く?

今、子供が10ヶ月目です。徐々に足腰が強くなってきて、つかまり立ちができるようになりました。表情も豊かになって可愛いのですが、目が話せなくなってきていますね。 ところで、オーストラリアの子供は何歳で学 …

買って良かった幼児向け英語学習用おもちゃ・教材を紹介【知育玩具まとめ】

私が英語を勉強し始めたのは、中学校の授業からで、まさか後に海外で働くなんて想像もせず、その時はモチベーションが全く無かった。 自分の子供には同じ苦労をさせまいと、英語に関する教材、おもちゃを買い与えて …

no image

Apple TV【2015】で、もっとリビングが楽しく、便利になる?

今日はAppleの新製品の発表がありました。いろいろあったのですが、私が一番興味が惹かれたのが、AppleTVです。 以前の記事でも書いた通り、最近、スマートテレビに興味があります。今使ってるのが、C …

オーストラリアのPublic病院で出産しました!体験談!

下の写真は、出産前に病院に見学に行ったときの写真です。肉体的にも精神的にも妻の方がつらいのですが、夫の私も正直疲れました。予期できないことだらけでしたので、立ち会いの予定がある方はぜひ一度読んでおくと …


2008年から2年間オーストラリアにワーホリ、留学。卒業後、シドニーでIT関連の仕事につく。結婚し子供が生まれたばかり。オーストラリア旅行、生活に役立つ情報を中心にシドニーからブログを書いてます。詳しいプロフィールを見る。