オーストラリア基本生活情報

【オーストラリア】パスポート、学生、ワーキングホリデービザ申請など、提出前に絶対にこれだけはやっとけ!

投稿日:8月 16, 2015 更新日:

オーストラリアで慣れない書類申請をする時、いつも手間取るのは自分だけではないはず。再提出と言われた時の虚しさは、計り知れません。書類申請全般に関わるルールをシェアします。
f:id:Daiki2013:20150816090234j:plain

間違えた箇所は、上から書きなおしてもダメ!

間違えた箇所を横線などで上書き等をしても、書類は通りません。
また、日本のように、間違えた箇所に印鑑を押して書きなおしたことを証明するなんてことはできません!もう一度そのページのみをプリントして書きなおしてください。

スポンサーリンク

絶対、黒!!

当たり前ですが、黒のボールペンで記入しないといけません。
誰かのサインが必要なとき、サインしてくれる方にも黒で書いてもらわないとダメ。私の子供のパスポートを申請した時も、guarantor(保証人)のサインが必要で、その人が青のペンで間違えてサインしたために、そのページのやり直し。。
ペンを用意してあげましょう。

片面印刷!

最近は、いろんな書類がウェブサイトからダウンロードできます。その書類を自分でプリントする場合、片面印刷にしましょう。
特に、バーコードなどが印刷されている場合、両面で印刷すると、裏側の文字のせいで、うまくスキャンができないそうです。

身分証明はなるべく、すべてのページを印刷

例えば、戸籍抄本などのページ数が少ない身分証明書は、すべてのページを印刷しましょう。
実際私の場合、子どもの出生証明書のコピーを持参した時、表面だけのコピーは拒否されました。裏面のコピーも必要だとのこと。。
ただし、パスポートなどのページ数が多いものは、顔写真がある見開きをスキャンするだけで大丈夫でしょう。
承認証明が必要な場合は以下の記事を参照してください。

書類に証人署名をしてもらう方法 (Justice of the Peace)

申請は早めに越したことがない

いつも、書類を申請する時、早めにやろうと思うのですが、申請をする前にいろいろな書類を用意しないといけなくて、それが揃った時には結構締め切りに近いことが多く、そんな時に記入ミスなどがあった場合、イライラがマックスです。当たり前ですが、早めに準備をしましょう。

関連記事

オーストラリア旅行でクレジットカード手数料を避けるには?知っておきたいクレカの常識、法律まとめ

オーストラリアと日本のクレジットカード使用手数料には違いがあります。 この違いを事前に知っておくだけで、お得に買い物や宿泊ができます。 といわけで、永住者の僕が体験して学んだ、「オーストラリアでクレジ …

入国時に罰金$300?オーストラリア空港で持ち込みできないもの

オーストラリアに旅行する方、ワーキングホリデーに来る方。食品や植物関連の持ち込みには、十分、注意してください。 禁止されているものを持ち込むと、約300ドルの罰金! 私は経験がありませんが、友人の親が …

失敗しない海外(語学)留学エージェントの選び方!

海外留学する際に、エージェントを利用する人は多いと思います。特に語学留学の場合、学校の情報を集めるのに苦労するようです。 エージェントは学校別の特徴や、セメスターの開始時期などを把握しているので、自分 …

プロテイン、サプリを買うならどこが一番安い?おすすめ海外サイト

日本でも、オーストラリア移住後も筋トレを続けてきた僕ですが、いつも迷うのがどこでプロテインやサプリを買うか。 毎日使うものだからあまり高価なものは買えないけど、品質が高いもの、評判が良いものを長く使っ …

オーストラリアの冬に適した服装と雨対策について。気温は何度ぐらい?

旅行直前にどんな服を持っていくか悩みますよね。 オーストラリアにも冬があり、この時期に旅行するなら、短パン、半袖では十分とは言えません。 今日は、日本、オーストラリアの3大都市とその平均気温を比較しな …


2008年から2年間オーストラリアにワーホリ、留学。卒業後、シドニーでIT関連の仕事につく。結婚し子供が生まれたばかり。オーストラリア旅行、生活に役立つ情報を中心にシドニーからブログを書いてます。詳しいプロフィールを見る。