運営者プロフィール

シドニーのサーキュラーキー

高校生の時に訪れたシドニーが忘れられず、ワーキングホリデーで来豪。

コネも無く、英語も中高で習った程度でしたが、いつの間にか移住、結婚、そして子供まで生まれました。

オーストラリアにワーキングホリデーで来た時には、まさか永住するなんて考えもしませんでした。

普通に日本で就職して、普通に生きて、結婚もしてもしなくてもどっちでもいいやと思ってました。

スポンサーリンク

オーストラリアに来た理由は挑戦してみたかったから

一度社会に出てみると、「本当にこれがやりたいことなのか、この会社で良かったのか」と考える時が誰にもあると思います。

僕もまさにそれで、会社が好きになれず、このまま同じ会社で働き続けることが想像できませんでした。

そんな風に悩んでいる(こじらせている?)時に、昔からの持病が悪化したことも重なって、

本当に自分がやりたいこと、今しかできないことは何だろうと深く考え続けたら、「海外就職」という選択肢が浮かんできました。

正直、オーストラリアでなくても英語が母国語の国なら、どこでもいい。

とりあえず、どこかで挑戦してみようと思ったのがワーキングホリデーでオーストラリアに行く決心をした理由です。

(若い時考えることなんて単純で、無計画なものがほとんど。もっと計画を練るべきだったと今では思います。)

 

来てみたらオーストラリアは素晴らしい場所だった

高校の時に訪れたシドニーが、なんとなく雰囲気が良かったという理由でワーキングホリデーの場所に選んだんですが、この決断は間違いじゃなかった。

僕が思っていた以上に良い場所でした。

人によって良いか悪いか判断基準が違うので、あなたもオーストラリアが素晴らしい場所だと思う保証はありません。

実際に自分で行ってみて、感じてみないとわからないと思います。

それでも少しでもオーストラリアの良いところを伝えられたらなと思い、僕はこのブログを書いています。

オーストラリアに旅行で予定の人、ワーホリメーカーの人、迷っている人の判断材料になるように、オーストラリアの良いところ、悪いところなどを包み隠さず伝えていければいいなと思います。

また、このブログではオーストラリアの観光スポットなども紹介していきます。

ブログを読んでくれている方は分かると思いますが、節約グセが抜けない僕は、どうすればオーストラリアでお金を掛けず楽しむか日々模索しています。

このブログでも記事にしているのでチェックしてみてください。

 

仕事について

日本での職歴はソフトウェアエンジニアとして1年のみですが、オーストラリアでも運良く働けています。

仕事、海外就職に関してよく質問されるので、興味のある方は過去記事をチェックしてみてください。

 

移住までの流れ

2007年 1年システムエンジニアとして勤務後、退社
2008年 シドニーにワーキングホリデーで渡豪
2009 – 10年 オーストラリアで大学院生
2011年 卒業後、シドニーの会社勤務スタート
2012年 永住権申請
2013年 永住権降りる
2015年 結婚、そして子供が生まれる

 

英語

IELTSでは、Listening 7.5, Reading 7.5, Writing 7, Speaking 8を取得し永住権を申請。テストごとにばらつきがあるのですが、Writingが苦手。ListeningとReadingは最高8.5です。

IMG_4833 2

IELTSについては結構テクニックで点数アップできます。

受験予定の方は過去記事をチェックしてみてください。

 

SNS

Twitter, Facebookやっています。
dnsydbg

Feedlyで登録すると、新しい記事が更新されるたびに知らされます。

follow us in feedly

Facebookでは、記事の更新情報などがタイムラインに流れます。

Follow me on Facebook

 

投稿日:9月 1, 2017 更新日:

執筆者:


2008年から2年間オーストラリアにワーホリ、留学。卒業後、シドニーでIT関連の仕事につく。結婚し子供が生まれたばかり。オーストラリア旅行、生活に役立つ情報を中心にシドニーからブログを書いてます。詳しいプロフィールはこちら